FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、バリバリの若者パワーの記事からは一転して、
こちらでは大人の余裕たるものをお見せしましょう。

若杯者の主役はもちろん若者たちになるわけですが、
地域の大人たちの支えがあってこそということも忘れてはなりません。

それは実行委員に限らず(委員もまだ若いけどね)、
実に色んな形で大人たちにはお世話になっているのです。

今回は6/18の「草むしり&BBQ」で、
差し入れをしてくれた太っ腹な方々をご紹介したいと思います。



kusa27.jpg
kusa29.jpg



若狭町の和伊和伊亭、竹中オーナーからは、
ウィンナーと鰆のホイル包みと豚肉ブロックを差し入れていただきました。
更にはバーベキューコンロまでお貸しいただいての至れり尽くせり状態。

豚肉ブロックは豪快に炭火のホイル焼きでローストポークにさせていただきました。

会場から雄叫びが出ました。

いつもいつもありがとうございます。

和伊和伊亭はリーズナブルでカジュアルな雰囲気で人気のレストランです。
そして何よりオーナーのキャラクターが最高です(笑



kusa28.jpg
kusa30.jpg



美浜町漁業協同組合の谷口さんからは、
マイカの子どもを大量にいただきました。

こちらはイカ超盛り焼きそばにさせていただきました。

若者の胃袋に瞬殺されました。

ありがとうございました。

日本海と三方五湖に面した美浜は魚種も豊富、
湖と海に浮かぶ穏やかな漁港風景には癒されること間違いなしです。



kusa26.jpg
kusa16.jpg



小浜市矢代の釣り船かどや丸(民宿かどの)、角野さんからは、
“朝どれ”の新鮮なスルメイカとアカイカをいただきました。

「不漁でなぁ、ちょっとのもんやけど…」

す、すみません、漁師さんの「ちょっと」が解りません。
ってくらい、こちらも大量にもらっちゃいました。

イカの丸焼きにさせていただきました。ぷりっぷりの超新鮮。

BBQは半分“イカ祭り”でした。

民宿かどのさんの料理は、海好きの人たちに言わせれば
「海に面した若狭の数ある民宿の中でも、5本の指に入る」と云わしめております。

どうぞご贔屓に。

若杯者でもいつもお世話になっております、ありがとうございます。



というように、もう差し入れっていうレベルじゃない
それくらいのものを皆さんからもらっちゃいました。

その他にも、

メンバーのご友人がジャガイモ(じゃがバターに)を差し入れてくれたり、
一般参加者からも差し入れがあったりと。

今回は一般参加が少なめだったので、
ちょっと赤字になるかもしれないなー、とも思っていたんですが。

※若杯者は主役世代(19歳とか学生とか)はまだお金に苦労するので、
  一般参加費から少し補填する料金体系を図っています。

蓋をあけてみれば、食べきれないほどの食材が揃うことになりました。

本当にありがたいことです。

若杯者では、大人は若者のサポーターであり、スポンサーでもあります。

大人へと向かう“田植えから始める日本酒づくり”という若者の活動を通して、
「がんばれよ、地域を楽しめよ」と大人たちができる力をもって応援する。

若杯者(若輩者)の名には、そんな理想が込められています。

そして、その理想にほんとに近づいてきてるなーと最近よく実感しています。

お金と名前を貸すだけのイメージスポンサーと違って、
こういうスポンサー関係っていいなー、田舎っぽくていいなー。

いや、お金ももらえるものならもらいたけど(笑

まぁ、そんなスポンサーも募るなら、もっと頑張ってブランド化してかなきゃね。

大人のみなさま、今後ともどうぞ若杯者をよろしくお願い申し上げます。



<記/32歳ビミョーな年齢あこちゃん>
スポンサーサイト
kusa01.jpg



6/18(土)、ピーカン照りな晴天の元、第三期若杯者の草むしりを行いました。

いやーそれにしても若杯者は毎回天気には救われてます。

今回も若杯者初参加という若者もいたので自己紹介などしつつ、

それでは早速まいりましょう!

突撃ーー!!!



kusa04.jpg



早い!その画、早いから!!

わかってたけど、
お前らなんか最初から「目的が違う」って目にかいてあったけど、

今回はものの5分と経たずに戦場となりました。

草・む・し・り!



kusa05.jpg



手前側は平和主義者による比較的安全地帯ですが、
たまに奥の方から泥の流れ弾が飛んできます。注意してください。

なんで戦争ってなくならないんだろう。

わたしたちはただ平和に暮らしたいだけなのに。

ふと、そんなことを考えて、しまいませんけど。



kusa06.jpg


「空襲ー空襲ー!!」

「苗を…俺が苗を守るんだ!!」

「上から状況をよく見ろ、いいか、次はあそこ(草ぼうぼう)が戦場だ」

※草むしりの会話です。


kusa09.jpg



「あー疲れた」

だから草むしりどうした。



kusa11.jpg



「アマガエル、ゲットだぜ」

もう好きにして。



kusa10.jpg



(いいなー、若いって眩しいなー)



kusa14.jpg


そんなことで、果たして草はむしれたんだかどうだか、
まぁ、思う存分遊んだ(一応働いた)ところで、
お待ちかねのBBQですね!



kusa15.jpg



午前中は予定があって来れなかった人も合流して、
はいはい、準備もみんなでやりますよー。



kusa17.jpg



「朝、釣ってきた」

やるなーオイ!よし、責任持ってさばきなさい。

「エ!!」


kusa21.jpg



「釣りしてたら、近所の漁師さんがいきなり素潜りしてくれた」

やるなーオイ!そう、これが若狭の人柄なんです。

後述しますが、今回も若狭の大人たちからたくさん差し入れをいただいてます。



kusa12.jpg

kusa18.jpg

kusa24.jpg

kusa19.jpg

kusa34.jpg

kusa33.jpg

kusa32.jpg

kusa35.jpg



焼肉、イカ焼き、刺身、燻製、惣菜、焼きそば、
ちょっと気張り過ぎたか、あまりにもメニューが豊富で割愛しますが、

とにかく喰らえ!若者たちよ!



kusa25.jpg



大満足!!でしょ!?どう見ても!!

はい、写真だけでも雰囲気がだいぶ伝わったと思うので、
以上そんなざっくりとした報告でした!!

回を重ねるごとに、若者たちとも打ち解けてきた感じもありますね。

だいぶアグレッシブなのにやや不安はあるけど。



若杯者のfacebookページには、
ライブ感たっぷりに草むしりとBBQの様子が大量にアップされてますので、
エアBBQ(?)を楽しみたい方はぜひチェックを!!(そして「いいね」を!)



【追伸】ちょっと若者たちのパワーに圧倒されて、
差し入れについての説明がかすんでしまいそうなので、
別の記事に分けることに致します⇒『若杯者的スポンサー。』


<記/ホイミ希望あこちゃん>
雪室セット



新潟の有名なお酒で「八海山」ってあるじゃないですか。

で、新潟って雪室の先進地でもあるんですよ。

で、雪室熟成の八海山っていうのもあるんですって!

えー!すごいー!雪室ってすごいー!

こういうの何て言うと思います?

虎の威を借るキツ…



はい、お待たせしました!

こちらはあの上根来の雪室で熟成させていた「純米酒 若杯者」がついに解禁です!

いや正確には少し前から解禁してたんですけど、
告知するの忘れてました!てへぺろ

既に試飲させてもらってますが、

むむ!違う!そんな感じです。

はい、すみません。ちょっと具体的に言うと、
口当たりがよく、非常に飲みやすいまろやかな日本酒に変化しています。

だけど、これは飲み比べてみないとその真価は解らない、

ということで、

「通常ver」と「雪室ver」の2合瓶飲み比べセットを作りました!

限定30セットのみで、お値段なんと!!!

2,000円。

…元々少量生産な上に更に手間暇かけてしまってるんですぅ…ご理解くださぃぃ…

お求めは↓こちら↓まで!!!
ハマセ酒店小浜店(0770-56-0158)

「雪室熟成 純米酒 若杯者 飲み比べセット」
2合瓶(300ml)×2本 2,000円(税込)


ってことで、
第二期の「純米酒 若杯者」は雪室の関係で、
販売用をちょっとセーブしてた部分もありまして、

第二期「純米酒 若杯者」もまだ売ってますよ!

「純米酒 若杯者」の売り上げが、若杯者の運営資金になっています。

こういうの何て言うと思います?

自転車操…



<記/瀕死のあこちゃん>
若梅者00



どうも、若梅者です。

田植えから始める日本酒づくりの若杯者の番外編として、
若狭の特産品でもある“梅”を使って梅酒を作ってみました。

福井県の梅の生産量は全国三位だとか。



若梅者04



そんな梅酒づくりの会場は、
小浜市忠野のcafe watotoさんをお借りしました。

なんだろう…。



taue012.jpg



文明を感じる。



若梅者01


そんな、らしくない、紳士淑女でオッシャレーな雰囲気の元に行われた若梅者。

今回は「おためし」というように、梅酒を作るのは初めてという方が多かったので、
至ってシンプルに一般的な作り方にしました。

一応、毎年梅酒を作っていた私(あこちゃん)が教えることになりましたが、
「適当で大丈夫です」と何を教えていることやら。

でもまぁ、ほんと梅酒なんて適当に作れるものなんですが(笑

一応、梅のアク抜きや水切りや瓶の消毒など、
ちょっと面倒だけど大事な下準備はこちらでやっておきましたけども。



若梅者02



若杯者の田んぼの管理をしている農家の木村さんは、
梅の木も栽培していまして、若梅者でも青梅を提供してもらいました。

立派な大玉の青梅(無農薬栽培)です。

若狭では有名な「紅映(べにさし)」という品種です。

木村さんのところは“梅もぎ体験”なんかもやってますよ。



若梅者03



ここからは参加者自ら作業してもらいます。

梅のヘタとりですね。雑味の元になるのでキレイにほじくります。



若梅者05



梅のエキスを抽出しやすくするためにブスブスと穴を空けていきます。

それにしてもやはり女子率高いですね。
若杯者はいつも図太い笑い声が聞こえてきますが、若梅者は黄色い(笑



若梅者06



そうそう、若梅者にはおやつも付いてます。

watotoさんお手製の「梅ドリンク」(絶品!!)に、
メンバーお手製の「梅餡どら焼き」に、
私のお手製の「やまなし酒ゼリー(アルコール飛ばし抜き)」です。

「やまなし(梨)」って見たことありますか?



c0104227_198190.jpg



こんなピンポン玉くらいの大きさの梨の原種です。
「クラムボンはわらったよ」の宮沢賢治の詩に出てくるあの梨ですね。

生でかじっても甘くはありませんが、
梨を凝縮したような芳醇な香りがするので3年くらい前に果実酒にしてみました。

どこで採ったか場所はヒ・ミ・ツですが(笑
去年と一昨年は裏年だったんですよねー、今年はなるかなー。



若梅者07



あ、話が逸れました。

氷砂糖を入れると皆一様に「オシャレ―!カワイイ!」との声が。

1リットル瓶のお試し量は正解だったようです。



若梅者09



そして、お酒を注いで完了です。

お酒はホワイトリカーとブランデーの2種類から選んでもらいました。

まぁ、梅酒としては無難ですけど、
私自身、色んなお酒で梅酒を試してみてますが何でもOKな気がします。
ただ一般的に言われるのは、アルコール度数が低いお酒は、
発酵が進み→最悪腐る場合があるようなので、そこは気をつけた方がいいかと。

かくいう私も20度以下のお酒はちょっと不安でそんな試したことがなく、
今年初めて「純米酒 若杯者(15度)」で実験している最中です。

日本酒でもいけるらしいんですけどね、上手くいったら報告します。



若梅者10



そんな感じで。終始、どうしちゃったの若杯者!?みたいな雰囲気でしたけど、

これは若梅者ですから。

こんなシャレオツ(死語)な演出もやろうと思えばできるんですよ、えっへん。

ということで、初めての試みだった梅酒づくりもこれから熟成しての完成が楽しみですね。

若杯者も、色んな「初めて」を応援できるようにまた企画が広がっていくと楽しいですね。



taue008.jpg



若狭も若者もおもしろいのだ!

日本酒づくりの本編もよろしくお願いします。


<記/あこちゃん>
13307470_1034995709920718_1408796138412733405_n.jpg




草むしり、地味で大変ながらも大事な作業です。

でも毎年、この工程が一番参加率高いんです。


BBQってスゲー!!


――――――――――――――――――――――――――

「草むしり&BBQ」
日程/6月18日(土)
時間/10:00~お昼過ぎまで
場所/小浜市加斗の田んぼ(小浜市加斗72-4)
参加費/1500円 19歳or学生500円 小学生以下無料
※BBQの食材費や飲み物代です!
受付/wakasa19sake☆yahoo.co.jp (☆を@に変えてね)

――――――――――――――――――――――――――


毎年、BBQメニューは大好評です。


<記/あこちゃん>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。