FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P1090515.jpg



若杯者、仕込みました。

去年まで2日間に分けていた作業を1日にまとめたので、
長丁場でしたが、なんだか「やった感」が充実しております。

では作業を振り返ってみましょう。



P1090410.jpg



若杯者酒づくりのお米の総量は100㎏で、
麹米20㎏、掛け米80㎏という内訳になります。

今回の仕込み作業はその掛け米の準備から始まります。



P1090414.jpg
P1090420.jpg
P1090422.jpg
P1090432.jpg



おなじみの洗米機で、お米を洗います。

麹づくりの4倍の量なので、洗うだけでもなかなか大変です。



P1090425.jpg



今年も若杯者専用タンクがお目見え、なんだか愛着が出てきました。

規定量まで注水しておきます。



P1090427.jpg



えーっと、次の手順は…。

過去2年間の経験が蓄積された若杯者の“虎の巻”を確認中。

三期目ともなると、社長ほとんどいません。



P1090455.jpg



浸漬しておいたお米を水切りした後、蒸し器に移して準備完了です。

少し遅めのお昼休憩をはさみます。



P1090463.jpg



後半戦からの参加者がわらわらと集まって賑やかになってきました。

(空き時間に若杯者の瓶ラベル用に若狭和紙を切り取る図)



P1090470.jpg



人手が揃ったところでボイラースイッチオン。

さて、ここからが仕込みの本番です。



P1090484.jpg



注水しておいた酒造タンクに麹米と酵母を投入します。

眠っていた麹を起こすように、優しく攪拌。

今回、タンクに張り付く重要な役どころが白衣を着た新成人3人です。



P1090497.jpg
P1090500.jpg



掛け米が蒸しがりました。



P1090505.jpg
P1090509.jpg
P1090526.jpg
P1090517.jpg
P1090520.jpg
P1090523.jpg



酒造タンクに続々と掛け米を投入していくわけですが、
中の温度が上がりすぎてもダメ、下がりすぎてもダメなんです。

概ね20~30度の間をキープできるように、
温度を計りながら皆で息を合わせて連携していきます。

この一体感がいいですね。



P1090534.jpg
P1090537.jpg
P1090549.jpg



「酒造りといえばコレ」という、櫂入れ作業を一通り体験してもらいます。
(やってみると分かかるけど、見た目以上に重労働)

最後は余計な菌が侵入しないように封をして仕込み完了です。

後は日本酒に発酵していくのを待ち望むのみ、
若杯者の工程も残すところ僅かとなってきました。

今年はまたどんなお酒になるのか楽しみですね。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。